ヘルペケアの主な成分

ヘルペケアの主な成分ですが、ヘルペケアには内側から活力を高める成分 リジン、プロポリス、βグルカン、グルタミン、グラヴィノール(ポリフェノールの一種)、茶カテキン、オリゴ糖、乳酸菌が、バランスよく配合されています。
リジンは、必須アミノ酸の一種で、ヘルペスの予防・改善に効果が期待できる成分です。
リジンを摂取することは、活力の向上に大きな役割を果たします。
プロポリスは、フラボノイドやアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの天然成分を含み、活力を高める効果のほか、さまざまな効果が期待できます。
βグルカンは、アガリクスなどと比較して25〜50倍の活性力を持つ、パン酵母由来の高純度β-1.3/1.6-D型グルカンが配合されています。
グルタミンは、身体の保護に最もよく知られているアミノ酸で、昔から健康のために使われていて、胃腸の保護に優れていることが知られています。
グラヴィノールは、ポリフェノールの中でも大変強い還元作用を持つプロアントシアニジンを豊富に含むポリフェノールです。
茶カテキンは、主に緑茶に多く含まれているポリフェノールの一種で、日本では昔から、カテキンの持つリフレッシュ作用が使われています。
オリゴ糖は、腸内のビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌と相性がよく、それらを助ける働きがあります。
乳酸菌は、少量でも多くの菌数を摂取することができる殺菌乳酸菌のため、胃酸や熱に対する安定性が高く、腸まで届きます。

 

 

ヘルぺケア 公式HP

↓ ↓ ↓

http://shop.hercarelabo.com/